天使のうた ヒルデガルト・フォン・ビンゲン

天使の楽器

最近は、演奏されることも多くなったヒルデガルト・フォン・ビンゲン(: Hildegard von Bingen, ユリウス暦1098年 – ユリウス暦1179年9月17日)。中世の魔女の一人かもしれません。ただし、素行が悪いほうの魔女でなく、聖女です。

長い間、取り上げられることが少なかった時代もありましたが、最近はあらゆる方面で取り上げられています。

ラヴェンダーの薬効を世の中に知らせたのも、彼女が一番最初とのこと。何人もいない教会博士という、とても偉い称号ももらっています。

神の啓示を受けて、(ここが魔女的)たくさんの歌を作曲しています。

彼女は音楽を専門的に学んだわけでなく、彼女が作ったものを書記が書きとめ、修道女たちで歌い祈りを捧げていました。歌うことは祈ること。

その歌は、とても神秘的で、現代の私たちの疲れた心のひだに潜り込み、優しく癒してくれます。

この修道女の歌は、天使のうた、、だったに違いないと思うのです。

天使の楽器 ダルシマーとうた
タイトルとURLをコピーしました